ソラセレブ

プロフィール

neo

  • Author:neo
  • マドリディスタ兼ソラリスタ。
    マドリー9割、その他1割くらいで
    やってます。(ソラさん特別)

    セラデス同盟
    (る~さん作 ME GUSTO様)
    セラデス同盟セラデス同盟

    セラデス同盟

    エルゲラ同盟
    (jumpinさん作 ファーポコ様)
    エルゲラ同盟

    スペクタクル狂
    (mayuさん作 ドラゴン龍様)
    スペクタクル狂

    ソラーリ応援印
    ※ご自由にお持ち帰り下さい(ソラさん応援している方はぺたりと貼ってくださいな)
    ソラーリ応援印

    メール派の方はこちらまで。
    neo202122■yahoo.co.jp
    (■=@)
    基本的にリンクフリー。
    コメントで報告下さいませ。

    ※当ブログに関連性のないコメントやTBは容赦なく削除しております。


ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

リーガ放送権

結局、Wに決定しましたね。
ちょっとだけ他局に期待していたのだけれども、第1節の放送が無かった時点で
Wが「頑張って交渉中です」とか言っているらしかったので
がっかりしつつ、やっぱりリーガが見たくって待っていました。
スカパーでプレミアもセリエもと欲張って見たりしているからか
倉敷さんの丁寧さの前では、Wのよいしょ陣なんて吹っ飛んじゃうよなあとか
粕谷氏の辛口さをいくらか貰ったらどうかなんて思っていたって無駄ですね…。
早野さんがいた時なんかはしょうもないダジャレに笑ったりしたけど
また今季もか…と、放送決定は嬉しい反面、生放送に反骨っぽいWとのお付き合いが
この先も長いんじゃないかと想像して唸っています。
解説風に言うなら「W、そこ軽い!もうちょい詰めていけ!」とかいう感じかしら。
(一つ先を行くスカパーのカウンターを食らい、それでも対応が危ういW)

レバンテ戦、どんなマドリーが目に映るのか楽しみでもあり不安でもあります。
カペッロ、ユーベが元々好きじゃないこともあるし、CLでやられたこともある上に
あの長いアゴと数ミリの隙もない感じがどうも苦手だったのに
ここ最近のこと(エルゲラさんへの仕打ち、トミーのカペッロ批判などなど)もあって
更に苦手意識が高まってしまいました。堅そうなんですよ、何に関しても。
シシーニョ放出して、ゼビナ獲得したら…どうなるんだろう、マドリーは。
ルシェ、カロさん、とは違ってブラジルの選手に対する扱いは余り良くない気もします。
ルシェって名前、すごく懐かしいなあ。鬼っぽくてもルシェとカペッロ、どこか違う。
マドリーの試合はもちろん楽しみなのですが、オサスナに移籍したソルダードも気になります。
で、サラゴサはセラちゃん、アトレティコは新戦力が眩しいので放送カードは案外好み。
第1節も放送があるみたいですね。日時は未定ということで。

まあ、まずは。これからウッディがどれくらいのプレーを見せてくれるのか
アーセナル-ミドルズブラをチェックしてみます。
ミドルズブラ、フートとウッディのコンビなんておいしすぎる。ファンタジーの予感。
監督兼プレイヤーでもあるサウスゲイトにも注目です。
ソラーリのインテルはヴィオラ戦、好カードなのに放送なし。見たいなあ。
2006.09.09[Sat] Post 22:53  CO:2  TB:0  サッカー  Top▲

気付いたニュース

メモ程度です。

□マドリー関連。
・ハビエル・バルボア(レアル・マドリー→ラシン・サンタンデール)
バルボア、行ってしまいました。楽しいプレーをしていた選手だけに残念。
レンタルなのでマドリー戦は出られないのでしょうかね。
まだリーガの放送権をどこが持つのかも決まっていないのですが
ラシンの試合放送日には、今から見ようと思っています。
・ルベン・ゴンサレス(レアル・マドリー→ラシン・サンタンデール)
ルベンも同じく、ラシンへ移籍。違うのは完全移籍だということ。
彼の場合は新しいシーズンに向け、CBの枚数があるために移籍は濃厚かと感じてました。
ドイツへ行っていたこともありましたね。新天地でこそ力を発揮してください。

(2人を指導するのが、カスティーリャで監督をしていたポルトゥガル監督ですね。
バルボアもルベンも、自分の特徴を知っているだろう指導者の下で成長することに期待してます)

・ロナウドにミラン行きの噂。
あくまでも、噂の域をまだ出ていないない段階。
ロナウドのことは散々、ここでも言ってしまった感がありますが
ミランに行くなら行くで、うーん…と唸りそうです。ミラン、好きなんだよなあ。
ピッポやジラルディーノ、といった太る姿が想像できない選手の待つところへと
ロナウドが加入するのが想像できません。あんまり歓迎されなさそうな予感。
・セルタがデラレー、ボルハなどのレンタルを打診中らしい。
どちらも生え抜きの選手なだけに、これが現実になれば寂しい。
フラド(アトレティコ)、ソルダード(オサスナ)、ポルティージョ(ナスティック)と
放出リストに数えられていた選手が出て行ってしまうばかり。
行かないで、と言いたい反面、サッカー選手はやっぱりピッチの上で活躍する姿が
1番男前な職業だと思うので、出場機会を求めての移籍ならば何も言えない。
・マハマドゥ・ディアラ獲得。
結構前から出ていた話。そして現実味を帯びていたので、驚くニュースではなかったですね。
ただ、よく知らない選手なのでその実力の程に関してはプレーを見なければというところ。
リヨンにはCLでの苦い敗戦、あったのを思い出しました。



□インテル関連。
・ルイス・フィーゴにスポルティング復帰話。
記事タイトルが「古巣からオファー」だったので、ついうっかり
古巣=CL王者を思い浮かべましたが、そんなはずないよな、と現実に戻りました。
スポルティングはポルトガルのクラブ。フィーゴがプロとしての第一歩を踏み出した場所。
けれどもフィーゴ自身、インテルとの契約が残っているよ、とすぐに自国へ復帰する説を否定。
時が来れば、ルイ・コスタと同じく復帰もあり得るということですかね。
・ソラーリにスペイン復帰、ベティス移籍の噂。
どうやら、ホアキンがバレンシアへの移籍が秒読み状態ということもあっての話。
ベティス…ベティス、か。今季もあのぴちユニは健在なのでしょうね。
だったら似合わない気がする。そもそも、緑色ってサンティに…どうなんだろう。
ユニで考えるなら、以前噂があったサラゴサのほうが似合うと思います。
しかしまあ、本人が何も言っていないのに「スペイン復帰したいらしい」という文字を見かけると
何となく違和感が。それでもスペイン復帰となれば嬉しいんですけどね。
フィーゴの年齢を考えての、バックアッパーとしての残留を希望する声とか
正直、あんまり好ましくないです。バックアッパーじゃなくて先発はっててほしい。
マドリーに帰ってくることはまず、無いのだから…せめてリーガに。
クラブの数だけ、指導者(監督)もいるのは当たり前なのですが
どうもマンチーニを信用出来ないことも、私が移籍を推したい理由です。

やはりソラーリのとこだけ長くなりました。(-_-;)
2006.08.22[Tue] Post 17:55  CO:0  TB:0  サッカー  Top▲

親善試合 イングランド-ギリシャ

気付けばブログ更新、またもや怠っていました。
しかし好きな選手の1人であるハグさんがギリシャ戦スタメンという記事を見てから
これは見なければ、ということで何とか生放送録画しました。見ました。
すっごくイングランド代表が好きっていうわけでもなく
むしろアルヘンとか、ライバルと位置付けられそうな国を応援しているので
テリーのヘッドにも、ランパードのゴールにもそれほど感動は高くなかったと言うのが
正直なところです。ファンの方からしたら嫌な感じですね。

この試合の招集メンバーについては、ベッカムがメンバーから漏れたということが
まず大きな話題でしたね。個人的にはそれほど驚きは大きくありませんでした。
マクラーレン監督からの電話に出たベッカムが泣いて「外さないでくれ」と言ったとか
反対に、怒っていたとかって話が出ていても本当のところはわからないですし。
ただ、長年代表のメンバーとして、キャプテンとしてもプレーしてきたのですから
ショックの大きさは計り知れないところだと思いますよ。
ただ、ベッカムの落選を寂しく思う人もいれば反対の人もいるわけで。
代表メンバーからは「ベッカムの気分次第で食事場所が決まってた」などなど
不満がこぼれているなんて記事も見かけたので、新しいイングランド代表を作っていく上では
今回のマクラーレン監督の選択は間違っていない気もします。
で、ベッカムが長い間背負ってきた7番をこの試合でつけたのがハグさん。
さっきSky sportsの「誰がギリシャ戦のベスト・プレイヤーかね」という投票を見ても
ダントツで票を獲得中のようでした。確かにいいプレーしてましたからね。
前から代表においてランパードとジェラードを並べる布陣にはよさをあまり感じなかったので
今回、ハグさんが中央の後ろ(ランパードがちょっと前)にいる布陣というのは
いいよなあ、と感じたのでした。ラン&ジェラは攻撃好きな選手だから
後ろに1人でも守備が出来る選手が居るだけで上がれる距離も変わりますよね。

メモ:イングランドの先発メンバー
1 Paul Robinson
2 Gary Neville  5 Rio Ferdinand  6 John Terry  3 Ashley Cole
4 Steven Gerrard  8 Frank Lampard  7 Owen Hargreaves  11 Stewart Downing
9 Jermain Defoe  10 Peter Crouch

それから、この試合ではサイドに入っていたダウニングが中々いいプレーぶりでした。
他の国の代表にも言えることですが、やはりいい若手が育つのは素敵なことです。
クラブでも若手の才能や努力を潰してしまうこと、これからなくなったらなあ、なんて。
(これが好きなクラブに該当する問題だからどうしようもない)

・7番、光ってました。
Owen Hargreaves

2006.08.18[Fri] Post 11:28  CO:0  TB:0  サッカー  Top▲

感想もろもろ。

下の記事を書いてからPC回線がおよよ…なことになりまして
実は試合を見ていたし、ずーっと色々書きたかったのですが
更新が今になってしまいました。すみません。やりっぱなしで。
アズーリ優勝、そしてジダンの最後のプレーについてはやはり思うところありでして
特に後者の場合はよほどのことがあったのだろうと考えていたらば
何ともいえない気分です。ジズー、あんな終わり方でピッチを去るなんて寂しすぎるよ。
あの見事な頭突きの後、赤いカードを出されてから引き上げていく背中が
これまた「やってしまった」感をどことなく醸し出していた気がするし
すごく気持ちとしては不本意で、でもああするほどの、押さえが利かないほどの言葉を
恐らく彼は聞いたのかもしれないと思いました。
これがW杯後、もうワンシーズンをクラブでプレーしてから引退となっていた場合には
こんなに落ち込むような気分ではないような、そうでないような…。
最後の試合だったからこそ、今までの彼の勝ち取ったものの上に華を添えるように
勝ち負けがはっきりする試合終了の笛が吹かれる瞬間までは
ピッチに居て欲しかったです。表彰式にもどちらにせよ出て欲しかった。
リベリなんかは「ジダンが憧れ」だとアピールしていたのですから
リベリにとってもまた、大きなショックであったことは否めないでしょうね。
みんなにとって、忘れられないW杯になったと感じています。
準決勝でユニを交換していたフィーゴはどう思ったのだろう。

そういえばフィーゴというと、胸毛失踪事件がありましたよね。
フィーゴ=毛ぐらいの失礼なイメージがあるために大変ショックでありました。
なぜだ、なぜ胸毛もへそ毛も失踪してしまったんだ。
あのぼうぼうとおいしげっているところがよかったのになぁ。
ないとは思うけど、ひげまで脱毛とか薄くなったとかがあったら
それこそショッキングすぎて寝込みそうです。フィーゴ、毛は大事だよ。

そしてアズーリ、遅ればせながらおめでとう。
試合感想は次の記事(今度こそ更新するぞ)で。

現役引退、代表引退など大きな大会のあとには寂しさがありますね。
2006.07.11[Tue] Post 06:32  CO:2  TB:0  サッカー  Top▲

オーウェンとロナウド。

オーウェン(Owen)といえばイングランドのマイケルの方が有名で
ロナウド(Ronaldo)といえばブラジルのロナブーが有名ですが
イングランド-ポルトガル、フランス-ブラジルを見ていて
もう1人のオーウェンであり、Wでブンデス放送していたときに好きになった
オーウェン・ハーグリーヴスが文字通り大車輪の活躍をしていたので
とても嬉しかったと共に、彼はとてつもないモチベーションで試合に臨んでいて
全力で走っていたのを思うと、ポルトガルを応援していたのに
彼が敗退してしまうのは残念でなりませんでした。(日本語おかしいな)
今大会、ここまでの試合でワンゲーム通して1番走っていた選手じゃないかと思います。
飛ばし飛ばしに好きなチームを中心に見ているところがあるから
「1番」と言い切ると他の意見が出てきそうですけどね。

まだ書きたいところありなので、後程追記します。
遅ればせながらここから追記。(7/12 10:16)

▽この記事の続きを読む?

2006.07.03[Mon] Post 18:25  CO:0  TB:0  サッカー  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。