ソラセレブ

プロフィール

neo

  • Author:neo
  • マドリディスタ兼ソラリスタ。
    マドリー9割、その他1割くらいで
    やってます。(ソラさん特別)

    セラデス同盟
    (る~さん作 ME GUSTO様)
    セラデス同盟セラデス同盟

    セラデス同盟

    エルゲラ同盟
    (jumpinさん作 ファーポコ様)
    エルゲラ同盟

    スペクタクル狂
    (mayuさん作 ドラゴン龍様)
    スペクタクル狂

    ソラーリ応援印
    ※ご自由にお持ち帰り下さい(ソラさん応援している方はぺたりと貼ってくださいな)
    ソラーリ応援印

    メール派の方はこちらまで。
    neo202122■yahoo.co.jp
    (■=@)
    基本的にリンクフリー。
    コメントで報告下さいませ。

    ※当ブログに関連性のないコメントやTBは容赦なく削除しております。


ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://neo21.blog4.fc2.com/tb.php/377-f68031a1
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

2試合まとめて。

バレンシア戦後には「調子良過ぎて嫌な予感がする」と思い、
今日のセビージャ戦後には「やっぱし…」とテレビの前でぐったりしてました。
マドリーが1番好きなクラブなのに、どうも疑って、何かあるんじゃないかって
ボロ勝ちしたときに思ってしまいます。マドリーファンってこういうものかしら…自分だけ?
喧嘩祭りというには物足りず、かといって、クリーンな試合ではなかった。
ラモスのロハは解説でも言っていたとおり、主審は一枚目を出してたのを
一瞬忘れていたんでしょうね。あの顔はきっと、そうなんだと思う。
いつもならしつこく、コバンザメみたく審判に迫っていくラモスが、割とあっさり退場を受け入れて
ベンチへ下がっていくときの顔が切なかった。ああいうとき、未だ彼は若いのだと感じる。
お馬鹿だなあ、と思っても、あの若さで自分のポジションを確保して
常にトップコンディションで休み無しなのは、大変なことだろうと思う。
伸びしろも計り知れないし、加入当初に比べると成長しているのは明らか。
一試合、グティと一緒にお休み。グティは最近、エンパテ(復活うれしい)さんにて
「いったい、お前に何が起きてしまったのか。」と評されてしまうほどに
ご機嫌であり、大人な発言をしているようなので、きっとラモスにも一言アドバイスをくれるでしょう。
(そうあってほしいという、願望を込めて。なんたって今は頼れる男、グティですから。)
だけど大人なグティってなんかしっくりこないし、つまんないなあ。むやみにカードを貰えとは言わないけど。

Sevilla_busca_mejor_Madrid.jpg
   いくら能天気に見えたって、自分の育ったクラブに対しては
   敬意を持って降り立っているはずです。
   試合後、いい気分でユニ交換したかったろうなぁ。


ラモスの成長を見ていると、散々やられていたマルセロもそのうちに
「おおっ」と言わせてくれるだろうかと考えてしまうけれど、元々のポテンシャルなんかは
はっきり言ってラモスの方が高く、ボールに対する執着心ではマルセロは及ばない。現時点。
途中、シュスターの顔が映った際に後ろへ座っていたエインセの顔も見えたんだけど
あの顔は試合に出たくてしょうがないんだろうと私は感じました。
テンション高くて、練習中も誰かしらにくっついてて、若干KYっぽいガブ。
今では母国でサッカー解説業に徹してるカペッロが唯一発掘してトップチームに残した
トーレス君だって試合に出たいだろうに…。ロベカルがトルコへ行ってしまったあとの
左SBはトーレス君がファーストチョイスだと思ってたよ。
前にも書いたかもしれないんですが、私はあんまりダニエウ・アウベスが好きじゃなくって
今朝も見ていてそう思ってたんだけれども、ボールに食らい付いてく姿勢を見てると
マルセロにちょっとばかり教えてくんないかなぁなどと、年寄りくさく思ってしまいました。

ここからちょっと、長いかも。畳みます。*
今日の審判はちょっとへんてこというか、見てるんだか見てないんだか
いまいち分からなかった。ちょっぴりイリュージョンだったよ。
ラウールはあんなところでマリーシアしないし、いつだって真っ直ぐにプレーしているんだから
あれでシュミレーションは無いだろうと、思った。いや、無い。断言するよ。
ここでラウールも笑っちゃうし、終了間際には、切れる間近によく見られるグティのあの笑顔。
ニステルもイライラしてて、ガゴちゃんなんかちょっとSだった。転がしても、知らん顔。
イケルくんもそりゃあ、頭がふつふつしてくるはずだ。
1194144394.jpg

でも、すごく悪い時のマドリーではなかったと思う。セビージャ、あっぱれ、だったわけで。
悪いときはチャンスも無く、そのうち諦め顔になり、最後までプレスなんて掛けに行かないときもある。
今季のセビージャとは本当、相性悪いなぁ。おそろしや。
バルボア、試合の最初から出すのはまだ早いのかな。もう少し見たいです。
ガゴちゃんは走り回って、削って、ポジション変わって、とばたばたした上の交代で
不満そうに見えた。トーレス君が代わりに入ったものの、ディエゴ・カペルにやられてましたね。
敵とはいえ、クレスポはセビージャ時代のラモスを思い出させてくれました。
セビージャの若手の育ち方は羨ましい。じゃんじゃん、試合に出して育ててる。
クレスポはほっぺたから血が出ても大人しく治療を受けてたので
大丈夫かな、と思ってたら交代してしまいましたね。頬骨が折れてしまったらしいです。

しかしあのアナウンサーは派手に間違いますね。どんだけだよ。
ロビーニョとマルセロは言うほど似てないし(髪型が一緒なだけでしょうに)、
バルボアとドレンテなんて、多分、適当だ。当てずっぽうに近いよ。
あれだけ間違われるとなんだかなあ。岡ちゃんもちょっと呆れてなかったか。注意するとき。
最近のW解説はひどい、前からあれれってところはあったけど、今季は特に。そう感じてしまう。
そういえば先日のバレンシア戦は、いつもにやにやしがちなS氏が出張ってましたが
氏の紹介のテロップに「ロマン派解説」なんて文字があったのを皆様、ご存知ですか。
昔の音楽家でもあるまいし、ロマン派ってどんなだよ。
だったら倉敷さんは紛れも無く、知性派かな。それか、発音派。
(余談だけど、倉敷さんはヤマダ電機やきき湯の声、あててませんか。違うかな。)


スポンサーサイト
2007.11.05[Mon] Post 00:25  CO:0  TB:0  Real Madird  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

2試合まとめて。 のトラックバックアドレス
http://neo21.blog4.fc2.com/tb.php/377-f68031a1
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。