ソラセレブ

プロフィール

neo

  • Author:neo
  • マドリディスタ兼ソラリスタ。
    マドリー9割、その他1割くらいで
    やってます。(ソラさん特別)

    セラデス同盟
    (る~さん作 ME GUSTO様)
    セラデス同盟セラデス同盟

    セラデス同盟

    エルゲラ同盟
    (jumpinさん作 ファーポコ様)
    エルゲラ同盟

    スペクタクル狂
    (mayuさん作 ドラゴン龍様)
    スペクタクル狂

    ソラーリ応援印
    ※ご自由にお持ち帰り下さい(ソラさん応援している方はぺたりと貼ってくださいな)
    ソラーリ応援印

    メール派の方はこちらまで。
    neo202122■yahoo.co.jp
    (■=@)
    基本的にリンクフリー。
    コメントで報告下さいませ。

    ※当ブログに関連性のないコメントやTBは容赦なく削除しております。


ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

詳しいレビューをありがとう!
ものすごくわかりやすかったです。
それに細かい描写もいいですね。
なんとなくこのチームはTOPチームの「あんたはあんた、わたしはわたし」ぽい空気とちかって「ぼくたちなかま」っぽい感じですね。いいっす。
エゴがあんまりなくてあってもいい方向に向いている感じがしますね。
私もラモスよりもデ・ラ・レーのほうがいいと思うのですが監督さんってのはマタ違うめんからも計算しているのでしょうねえ。

負けたとはいえ前半の攻撃は見ていないものの、neoさんのレビューでよくわかり、良かったなあと思います。
2005.12.10[Sat]  投稿者:jumpin  編集  Top▲

jumpinさん

つらつらと長くなってしまったけれど、そう言っていただけるとうれしいです!
お節介っぽいかなあと思いつつ実はjumpinさんにも試合のようすをちょっとでもわかっていただけたらと、書いてみました。
jumpinさんお気に入りのディエゴ・ロペスはもじゃもじゃと呼ばせてもらいました。(笑)

>なんとなくこのチームはTOPチームの「あんたはあんた、わたしはわたし」ぽい空気とちかって「ぼくたちなかま」っぽい感じですね。いいっす。
確かにそういう雰囲気を感じました。ブーちゃんやロビーニョに「自分で行くぞ」という気持ちがありそうなのと対照的に、ボールがよく回って周りが見えている選手が多かった分「あなた決めてみなさいな」と周囲を生かそうとしていたように見えましたよ。
注目していたバルボアも、持ち味の攻撃はもちろん守備にもよく戻っていて好印象でした。

ピボーテとしての力を見ると、やっぱりそうですよねえ。
こういう試合を機にカンテラの教え子たちをカロさんに連れてきて欲しいものです。
でもマラガ戦の予想先発を見たらピボーテにラモたんとグティとあって驚きました。
これが本当なら本職の兄貴とトミーが控えなのでなんだかなあという感じです。

私も結果は負けてしまったけど、いい試合を見れてちょっぴり元気が出ました。
マラガに対しての不敗記録、続くといいですね。期待しています。
2005.12.11[Sun]  投稿者:neo  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://neo21.blog4.fc2.com/tb.php/299-5672e9d8
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

CL オリンピアコス-レアル・マドリー 2

ここから後半です。試合を見ながら打ったので長くてすみません。
ただ、おかしな言い方ですが、いい負け方の試合を見た気がしています。

ここから後半。



*
◎後半
・0分 入場の際、ブラボはバルボアに、デラちゃんは野獣に話しかけながら出てくる。
最終ラインのパボンやラモたんもにこにこと話しており、雰囲気はいい感じ。
・後半1分 最終ラインのボール回しから、デラちゃんとのワンツーでバルボアが抜け出す。
バルボアから中央にいた野獣にパスが通るが、前にいたロビーニョへのパスはボールが弱いために途中でカットされる。
・後半3分 最終ラインでジョルジェビッチに一対一の応対をしたパボンだが、ジョルジェビッチが倒れたためにボールを一度外へ出す。
・後半4分 エリア内に入ってきたボールをブラボがヘッドできっちりクリア。エリアからクリアされたボールだったが、ダイレクトでブルトがシュート。
これがゴールに勢いよく突き刺さり、オリンピアコスが同点に追いつく。スコアは1-1に。
・後半6分 左サイドのロビーニョから逆サイドのバルボアへエリア内でのパス。
これが通るも、次のデラちゃんへのパスはトゥレが体を入れてマイボールに。取り返しにいったデラちゃんがファウルを取られる。
この試合で初めてのマドリーへのイエローカード。デラちゃん、今日も眉が濃い。
・後半8分 ライン際で選手達に対して手を叩き、鼓舞するカロさんが映る。
・後半13分 この試合で再三右サイドからの突破を図っていたバルボアがアドリアン・マルティンと交代。
まだ見たい気もしたが、再びトップチームで見られることに期待してバルボアを見送る。
・後半14分 入ったばかりのマルティンが右サイドから中央の野獣にパス。これをロビーニョに渡すが、シュートはニコポリディスがセーブ。
この後、最終ラインでボールを回す時間が少し長くなる。前半の同じ時間帯より勢いは無いかもしれない。
・後半20分 右サイドからマルティンがロングシュート。惜しくもバーの上に外れるが、久しぶりにサイドが活性化していて嬉しい。
・後半23分 エリア内でパボンがかわされ、DFがあたふたする。カバーに行ったトミーもなす術なし。
最終的にゴール正面に詰めていたリバウドがパスを貰い、シュートを打つがボール一個分ゴールの左へ外れる。
・後半24分 再びリバウド。今度はエリア外から浮かせたシュート。ループは横飛びしたもじゃもじゃを越えて外れる。
このあたりになって守る時間が増え、オリンピアコスの攻めを受ける感じになる。もう一度シュートが来るがもじゃもじゃがセーブ。
・後半25分 久しぶりの攻撃。オフサイドを主張するDFラインをジュードが抜け出し、左サイドへ出る。
そこからゴール前、やや左気味に位置していた野獣へパス。野獣は右隅を狙うシュートを放つが、ボール二個分外れる。
・後半27分 またもやマルティン。右サイドからシュートするが、外れてしまう。顔を出す機会も多く、いい意味で若さが出ているように思える。
・後半28分 中央からドリブル突破しようとしたリバウドを野獣が体を張って阻止する。共倒れになるも、野獣にイエローカード。
これでマドリーのイエローカードは2枚目だが、それほど危険で荒っぽいプレーも無くどちらかといえばクリーンな印象である。
ファウルを取られ納得のいかない野獣はしかめっ面だが文句は言わず。でも顔に出ている。
・後半29分 右からマルティンが中へと切り込み、左サイドのロビーニョへパス。ロビーニョはそのままシュート。
シュートはDFに当たったため、CKになる。ロビーニョは後半に入り消えてしまう(ボールに触る回数が少ない)時間が多い気がする。
欲を言うのならば、機を見て上がってきていたブラボを使ってほしかったような。そうでないような。
・後半30分 久しぶりのCK。キッカーは変わらずデラちゃん。左からのCKだが、投げ込まれたトイレットペーパーがなんとも邪魔そう。
しかし本人は気にする様子も無く、エリア内のクロスではなく同じく左サイドにいたブラボにパス。ブラボの思い切りのいいロングシュートはニコポリディスがキャッチ。
・後半31分 右サイドからのクロスにパボンが対応、ヘッドでクリアするがボールはまだエリア内に。
このボールをお富さんが胸でもじゃもじゃにパス。もじゃもじゃ、少しひやりとするが難なくキャッチ。この時点でマドリーは守りに入るときに前に三枚残している。
・後半35分 ロビーニョがフラドと交代。フラドは「カンテラのジダン」と呼ばれるほどのテクニシャンなので期待。今日も髪はさらさら。
フラドが入った時にはオリンピアコスのCK。これをクリアし、右にポジショニングしていたフラドの前のスペースにボールが出される。
走り出すが、しかしオリンピアコスのDFも残っていたため、ボールを上手く自分のものには出来ず。思わず手を出してしまったフラドのファウルを取られる。
・後半36分 ゴール付近、右サイドでフェイントを入れ、味なマネをしていたジョルジェビッチに舎弟がスライディング。ジョルジェビッチが倒れる。
マドリーにとって3枚目のイエローカード。ゲットしてしまった舎弟に対し、パボンが身振り手振りで何か話しかける。舎弟も応える。
そしていつの間にかそのFKの場面でエリアの中にハビ・ガルシアの姿が。こっそりデラちゃんと交代していた。ハビ・ガルシアを見るのが久しぶりで嬉しい。
・後半38分 右サイドのマルティンがエリア前にいたフラドにボールを預け、エリア内へ。
フラドは持ち前のスピードで1人DFを交わし、右サイドへドリブルで持ち込む。クロス入れようと試みるがDFの足に当たってCKを得る。
デラちゃんが交代したので、キッカーはフラド。右サイドもトイレットペーパーがすごく、ごちゃごちゃと散らかっている。
フラドからのクロスをエリア内でマルティンが受け、上手いトラップで持とうとするが惜しくもゴールラインを割る。
・後半39分 右サイドのトゥレからボールを繋ぎ、逆サイドのジョルジェビッチがエリア内へ侵入し中央へクロスを送るがパボンがクリア。CKになる。
そこからの攻撃をクリアし、再びCK。ショートコーナーからエリア内へクロスが入るが、もじゃもじゃが前へ出てパンチング。
その際にジャンプしたもじゃもじゃの膝がラモたんのお腹に入り、ラモたん倒れる。マドリーメディカル隊が出動。
もじゃもじゃは申し訳無さそうにうろうろ、ラモたんが苦しむ様子がアップになる。ラモたんの指がほっそりきれいなことに気付く。
・後半40分 ラモたん復活。もじゃもじゃが「ごめんね」と頭をぽんぽんなでる。 ボールはオリンピアコスの選手に当たっていたらしく、もじゃもじゃゴールキックから。
・後半42分 サイドからエリア内にトゥレが侵入。この時、ラモたんが上手く体を入れるものの先に倒れてしまう。ファウルは無し。
そしてトゥレからエリア中央のリバウドにパスが通り、リバウドが落ち着いてパボンの股を抜くシュート。これが決まってスコアは2-1に。
・後半43分 それでも諦めないマドリーは前線にオーバーラップした左サイドのブラボにパスが出る。これをサイドに持ち込み、クロス。
エリアの中には人数が足りていたが、ヘッドは力なくゴールは生まれず。
・後半45分 中盤でボールを貰ったリバウドが前へ行こうとしたところをラモたんがファウルで止める。
リバウドの足に少し入ったようでもんどりうつリバウド。一度離れたラモたんも気になるのかリバウドの元へ。
・ロスタイム1分 前半はほとんど45分ぴったりに終わったが、後半に与えられたロスタイムは3分。ここでオリンピアコスにCK。
・ロスタイム2分 試合終了も近付き、時間を使いたいオリンピアコスとまだ諦めていないマドリーそれぞれの様子がうかがえる。
特に危ない場面ではなかったが、少しあせりの見える時間帯。ハビ・ガルシアがファウルを取られ、FKを与えてしまう。
そのFK。ちょんと横へ出したところで笛が鳴る。前半の終わりと同じくワンプレー終わってからの笛ではないので変な感じ。試合終了。

◎試合後
・あっという間にラモたんがアンダー姿になっており、早速誰かとユニ交換済み。
・礼儀正しいマドリーカンテラっ子たちは頭の上で手を叩き、みんなに挨拶。
・ディオゴは何か言葉を交わしながらリバウドとユニを交換。
・ディオゴもアンダー姿だが、その横をことさらにぴちぴちとしたアンダー姿の野獣が通り過ぎる。

◎試合感想
普段トップチームでの経験を積むことが難しいカンテラーノ達ですが
この試合では「結果を出さなければ」という気持ちが全面に出ていたと思います。
今、トップチームは監督交代もある状況でモチベーションの低下等が気がかりな分
若い選手達には元気さはもちろんモチベーションの高さが垣間見られてよかったです。
カスティーリャの監督であったカロさんがそのまま監督としていてくれたということも
多分、前半から落ち着いて試合に臨めた理由に入っていたのではないでしょうか。
特にバルボア、マルティン、デラレーなどは解説さんからも褒められていて嬉しかったです。
やっぱりサイド攻撃のある試合というのは面白いと改めて感じたのでした。
サルガド、ロベカルという不動のSBに代わってディオゴとブラボが出ていましたが
まずは守備からという気持ちが強いからか、オーバーラップの回数は数えるほどでした。
それでも、守備の大きな崩壊というのはあまり感じられず、カバーにも入っていたし
前線からのプレスもきちんとしていたのでいい印象の残る試合でした。
野獣も試合前に監督から「好きなようにやっていいよ」とお言葉を貰ったようで
のびのびと本来のプレーが出ていてほっとしましたよ。
トミーとデラレーのドブレ、久しぶりに役割分担の出来ているピボーテを見た気がします。
センスやピボーテとしての本質を考えたらやっぱり…”デラレー>>>>ラモたん”かな。
スポンサーサイト
2005.12.09[Fri] Post 23:07  CO:2  TB:0  サッカー  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

詳しいレビューをありがとう!
ものすごくわかりやすかったです。
それに細かい描写もいいですね。
なんとなくこのチームはTOPチームの「あんたはあんた、わたしはわたし」ぽい空気とちかって「ぼくたちなかま」っぽい感じですね。いいっす。
エゴがあんまりなくてあってもいい方向に向いている感じがしますね。
私もラモスよりもデ・ラ・レーのほうがいいと思うのですが監督さんってのはマタ違うめんからも計算しているのでしょうねえ。

負けたとはいえ前半の攻撃は見ていないものの、neoさんのレビューでよくわかり、良かったなあと思います。
2005.12.10[Sat]  投稿者:jumpin  編集  Top▲

jumpinさん

つらつらと長くなってしまったけれど、そう言っていただけるとうれしいです!
お節介っぽいかなあと思いつつ実はjumpinさんにも試合のようすをちょっとでもわかっていただけたらと、書いてみました。
jumpinさんお気に入りのディエゴ・ロペスはもじゃもじゃと呼ばせてもらいました。(笑)

>なんとなくこのチームはTOPチームの「あんたはあんた、わたしはわたし」ぽい空気とちかって「ぼくたちなかま」っぽい感じですね。いいっす。
確かにそういう雰囲気を感じました。ブーちゃんやロビーニョに「自分で行くぞ」という気持ちがありそうなのと対照的に、ボールがよく回って周りが見えている選手が多かった分「あなた決めてみなさいな」と周囲を生かそうとしていたように見えましたよ。
注目していたバルボアも、持ち味の攻撃はもちろん守備にもよく戻っていて好印象でした。

ピボーテとしての力を見ると、やっぱりそうですよねえ。
こういう試合を機にカンテラの教え子たちをカロさんに連れてきて欲しいものです。
でもマラガ戦の予想先発を見たらピボーテにラモたんとグティとあって驚きました。
これが本当なら本職の兄貴とトミーが控えなのでなんだかなあという感じです。

私も結果は負けてしまったけど、いい試合を見れてちょっぴり元気が出ました。
マラガに対しての不敗記録、続くといいですね。期待しています。
2005.12.11[Sun]  投稿者:neo  編集  Top▲

TRACKBACK

CL オリンピアコス-レアル・マドリー 2 のトラックバックアドレス
http://neo21.blog4.fc2.com/tb.php/299-5672e9d8
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。