ソラセレブ

プロフィール

neo

  • Author:neo
  • マドリディスタ兼ソラリスタ。
    マドリー9割、その他1割くらいで
    やってます。(ソラさん特別)

    セラデス同盟
    (る~さん作 ME GUSTO様)
    セラデス同盟セラデス同盟

    セラデス同盟

    エルゲラ同盟
    (jumpinさん作 ファーポコ様)
    エルゲラ同盟

    スペクタクル狂
    (mayuさん作 ドラゴン龍様)
    スペクタクル狂

    ソラーリ応援印
    ※ご自由にお持ち帰り下さい(ソラさん応援している方はぺたりと貼ってくださいな)
    ソラーリ応援印

    メール派の方はこちらまで。
    neo202122■yahoo.co.jp
    (■=@)
    基本的にリンクフリー。
    コメントで報告下さいませ。

    ※当ブログに関連性のないコメントやTBは容赦なく削除しております。


ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://neo21.blog4.fc2.com/tb.php/258-2aa9df53
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

マドリー-バレンシア

カーサでの敗戦というのはファンとしても残念なものですが
チーム全体のリズムという点ではいい感じだったかもしれないと思っています。
疑惑のPKやら何やらと前の試合ではあった分、審判も思うところあったんじゃないですかね。
眠たくて仕方なかったため、雑感の多いレビューになりますが宜しければどうぞ。

・先発メンバー
GK カシージャス
DF ディオゴ エルゲラ セルヒオ・ラモス ロベカル
MF パブロ・ガルシア ジダン ベッカム グティ
FW ラウール ロビーニョ
スタベン:ディエゴ・ロペス パボン メヒア ウッドゲート ブラボ グラベセン ソルダード

ソルダードはカスティーリャから唯一の招集となりました。
チームに元気さを求めたり、カンフル剤としてなら投入がもっと早くてもよかった気もします。
以前の中盤大渋滞は最近なくなってきたけれど、まだ課題はあるのかなあと思います。
それが何なのか、どこかどう悪いのかとはっきり言えませんが…。
ジダンのコンディションがあまりよくなさそうに見えたのは気になりました。
地元紙なんかでは少しジダンのプレーの質について、あれやこれやと批判もあるようですが
魔法の足はそれを払拭してくれるのではと、いちファンとして信じてます。

試合内容ではマドリーが悪かったというより、バレンシアがよかったのだと感じています。
試合がはじまって少しもたたないうちに、確かアングロがジダンに思いっきり深い
スライディングをしたときに「気合が入ってる」ということを目の当たりにしました。
さすがにあれは危なかった。でもその前にマドリーだって一枚目を早くも兄貴が
もらっていましたけどね。しかし交代まで兄貴はいつものように仕事をしてくれてました。

オデコさん

   夏の補強で兄貴とディオゴの加入が決まったときは

   正直、マドリーにしては渋くて堅いなあと思いました。

   それは今でも変わらず、しかしその時よりも

   期待は高まるばかりです。いつの間にか好きです。

   ベテランで偉そうな感じに見えるのに

   結構あたふたとパスを出すところも。(笑)





本当はマテ茶が好きで、マイホームパパらしいので…兄貴はピッチ上での
ダーティーなイメージとは反対の人なのかもしれませんね。
しかしチームにフィットし、周りへボールを散らすことが可能となった兄貴と
昨季のマドリーの救世主となったトミーが同じピッチに立っていないのはとても残念です。
強面でそのままダーティーなイメージなのに、実はいい人というのは2人の共通点ですね。
でも今の布陣がなかなか上手くいっているためと、次節はトミーが出られないので
デポル戦も同じ形でしょうね。ワンピボーテでいくのなら、上手くターンオーバーを
採用出来ないもんかね…とドブレ推奨派としては考えたりしてます。
この試合で前線のラウールとロビーニョの運動量の多さは目立っていました。
いつもはロナウドがどっしり構えていたり、野獣が時々おろおろとさまよっているので
私にとっては動く2トップが新鮮でもありました。
それでも、2人が下がりすぎてしまった場合は前線に誰も居なくなってしまうんですよね。
一生懸命に、中盤まで下がってきてプレスをかけ、何度もバレンシアDFラインに
ドリブルで一対一を挑むロビーニョが更にマドリーにフィットするのは遠くないといいな。

しかしまあ、ディオゴはいいですね。フロントによく見ていてほしい…。
シシーニョ獲得が冬に内定しているとか言われていますが、それでまた
サルガド兄さんやディオゴの周りが落ち着かなくなるのは避けてほしいものです。
ラインぎりぎりまできても諦めず、頭でちょこんとボールを触ってプレーを再開したところでは
昨年のユーロのワンシーンを思い出しました。

スポンサーサイト
2005.10.24[Mon] Post 22:55  CO:0  TB:0  Real Madird  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

マドリー-バレンシア のトラックバックアドレス
http://neo21.blog4.fc2.com/tb.php/258-2aa9df53
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。