ソラセレブ

プロフィール

neo

  • Author:neo
  • マドリディスタ兼ソラリスタ。
    マドリー9割、その他1割くらいで
    やってます。(ソラさん特別)

    セラデス同盟
    (る~さん作 ME GUSTO様)
    セラデス同盟セラデス同盟

    セラデス同盟

    エルゲラ同盟
    (jumpinさん作 ファーポコ様)
    エルゲラ同盟

    スペクタクル狂
    (mayuさん作 ドラゴン龍様)
    スペクタクル狂

    ソラーリ応援印
    ※ご自由にお持ち帰り下さい(ソラさん応援している方はぺたりと貼ってくださいな)
    ソラーリ応援印

    メール派の方はこちらまで。
    neo202122■yahoo.co.jp
    (■=@)
    基本的にリンクフリー。
    コメントで報告下さいませ。

    ※当ブログに関連性のないコメントやTBは容赦なく削除しております。


ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005.08.27[Sat]  投稿者:-  編集  Top▲

いらっしゃいませ

鍵コメントさま

はじめまして、こんばんは。
ソラーリの検索でいらしていただいたとは光栄です。
リンクを貼っていただけるということで嬉しさも二倍です!
私もソラーリファンであり、フィーゴのファンでもあるので
こうしてご縁があったことをとても嬉しく思います。ありがとうございます。
ふたりには新しい地でその力、技を見せてほしいですね。
後程私もそちらへ伺います。こちらからもリンクさせていただきますね。
それでは。また、いらしてくださいませ。
こちらこそこれから宜しくお願い致します。
2005.08.28[Sun]  投稿者:neo  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://neo21.blog4.fc2.com/tb.php/202-af68e1ab
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

CL インテル-シャフタール戦

今更な気もしますが、サッカーブログということでシャフタール戦のレビューもどきなどを。

インテル先発メンバー
GK ジュリオ・セザール
DF サネッティ コルドバ マテラッツィ ウォメ
MF スタンコビッチ カンビアッソ ヴェロン ソラーリ
FW アドリアーノ レコバ
スタベン:トルド サムエル ファバッリ ザネッティ ピサーロ ゼ・マリア クルス

交代:’46(スタンコビッチ→ピサーロ) ’73(ヴェロン→ゼ・マリア) ’83(アドリアーノ→クルス)

ソラーリは先発フル出場。試合経過云々の前に、嬉しいから書いておきます。
この試合、昨季のCLミラノデルビーにおいての一部のインテリスタの不必要な行為により
インテルに下った処分があったため、無観客試合でした。
フロント陣がインテルユニを着て応援する姿はいいなぁ、と思ったものの
やはりファンが1人も居ないというのはこんなに寂しいものなのかとも感じたのです。
試合後のインタでミステルも無観客試合だったことについてコメント(影響したとか何とか)しているし
選手達にとってもプレーしにくい状況だったのではと思います。
しかしフロント陣…鉄のキャプテン(ファッケッティ)は硬派な男前でユニが似合っていたのですが
モラッティがどうしてもおばちゃんに見えて仕方ありませんでした。嬉しそうだったし。
マドリーフロント陣はあんな風に皆でユニ着て応援は無さそう…。
ちょろっと映ったフィーゴ ミハイロビッチ キリのおじさんトリオは最初は笑顔で談笑。
 
ここから下は長くなっております、よろしければどうぞ。
※追記:青黒アルバムに試合写真UP、結構多いです。(27日 13:47)*
試合開始から、何となく荒い試合を予感させられたのは気のせいではありませんでした。
アグレッシブに攻めてくるシャフタールに対し、インテルはまだ本調子ではない様子。
ボールポゼッションはあちらの方が上回っていたのではないでしょうか。
解説で言っていましたが、マンチーニ監督が試合直前ぎりぎりまでCBの選手起用において
迷っていたらしいですね。マテラッツィでいくか、サムエルでいくか。
結局選ばれたのはマテ、サムエルはベンチでガムを噛みながら相変わらずの強面でした。
個人的には、GKがトルド兄貴でなかったのも意外でしたが。
この試合のインテルはどこか噛み合わず、攻撃は右より左からが多かったように思います。
それでも中々きっかけが見出せず、難しい試合になるかと思っていたら
相手DFからボールをインターセプト、そのボールがレコバに渡るとそのままゴール。
狭いところを正確なコントロールで通したシュートはゴールネットを揺らしました。
1番に祝福にきたのはソラーリ。後ろからきてレコバの頭をなでなで。
「この笑顔を見れただけでも深夜に暗い部屋で見ていた甲斐があった!」と思いました。
(隣で人が寝ているので暗い部屋でボリューム抑えつつ観戦…地味です)
同時にレコバが羨ましくなりました。夏ツアーのベッカムファンの気持ちがちょっと分かった。
しかしその後、ヴェロンに早くも一枚目のイエローカードが。
いつもは大声援に掻き消されてしまう選手の声やボールの音が通るくらいに静かだった
スタジアムなので審判の笛の音もしっかりと聞こえた気がします。
ソラーリは左サイドでウォメとのパス交換や走り出しがあったものの、どちらかといえば守備的。
ウォメとのコンビネーション、一試合見ただけですが悪くないのではと思いました。
オーバーラップしてきたウォメにサイドからソラーリがパスを出すシーンがあったけれど
得点には繋がらなかったものの、いい感じではないのかなぁ…と。
私の大好きなソラーリのドリブルでのサイド突破は見られず、守備的にプレスにいったり
フォローへ動き、引っ掛けてボールを奪ったりと自分よりチーム(発売中雑誌でも本人が言ってる)
という気持ちが出ていたと思いました。こういうとこがまた、好きです。
その後、前半のうちに1-1のスコアに追い付かれてリードはなくなりました。
後半開始早々スタンコビッチに代わり、ミスターポーカーフェイス・ピサーロ投入。(あんまり笑わない)
ハーフタイムを挟んでからもインテルの調子はあまり変わらず。
でもピサーロがポジションを固定せず、色々なところに顔を出すのは面白かったです。
アドリアーノは強いし、マテは凶暴…カンビアッソの髪はひょらひょらなびく…とか
深夜にぼやぼやとして変なテンションの頭で考えてました。
得点の予感はあまりせず、ソラーリばっかり目で追っていたら63分にイエローカード。
羨ましい第二弾到来。(ソラーリ、まるで相手のユニが欲しい人のようにがっついてカードゲット)
あんな風に追いかけられたらわたしゃ、自分から立ち止まってしまいそうです。
そしてそしてカードゲッター大本命、マテにもその数分後にイエローカード。
これがイエローならソラーリのは流すんじゃないかと一瞬思ったものですよ。
シャフタールの選手も凶暴すぎる当たりに多分レッド要求。(不満そうだったので)
前半にもこの人は最終ラインのファンタジスタっぷりを発揮し、1人タンカに乗せてましたしね。
ベンチのサムエルはまだ前半のガムを噛んでるのかとか、どんな顔をしているのか気になりました。
73分、ヴェロンに代わってゼ・マリア投入。まさかソラーリと交代かとか勝手に妄想して
ちょっくらびびっておりました。ほっとした。
83分にはアドリアーノに代わりクルスがピッチへ。入念にアップしてました。
そしてピサーロにもイエローカードが出たので、この試合でインテルは4枚のカードを獲得。
試合はこのまま動かず1-1のドロー。
途中で映ったおじさんトリオは渋い顔になり、隣同士だったフィーゴとミハの間に謎の空席が。
トータルスコア3-1でインテルが予選を勝ち抜けました。

-試合後インタ(フィクション)

凶暴ファンタジスタ


   -ウクライナから怒りの電報が続々ですよ?

   「あん?シャフタールが怒ってるだって?知ったこっちゃねえ。」





みんなのカピターノ


   -ファンタジスタのプレーに対し、あちら様は怒っていますが?

   「本当に申し訳ない。みんなにはよく言っておきます。」





スポンサーサイト
2005.08.27[Sat] Post 00:07  CO:2  TB:0  サッカー  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005.08.27[Sat]  投稿者:-  編集  Top▲

いらっしゃいませ

鍵コメントさま

はじめまして、こんばんは。
ソラーリの検索でいらしていただいたとは光栄です。
リンクを貼っていただけるということで嬉しさも二倍です!
私もソラーリファンであり、フィーゴのファンでもあるので
こうしてご縁があったことをとても嬉しく思います。ありがとうございます。
ふたりには新しい地でその力、技を見せてほしいですね。
後程私もそちらへ伺います。こちらからもリンクさせていただきますね。
それでは。また、いらしてくださいませ。
こちらこそこれから宜しくお願い致します。
2005.08.28[Sun]  投稿者:neo  編集  Top▲

TRACKBACK

CL インテル-シャフタール戦 のトラックバックアドレス
http://neo21.blog4.fc2.com/tb.php/202-af68e1ab
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。