ソラセレブ

プロフィール

neo

  • Author:neo
  • マドリディスタ兼ソラリスタ。
    マドリー9割、その他1割くらいで
    やってます。(ソラさん特別)

    セラデス同盟
    (る~さん作 ME GUSTO様)
    セラデス同盟セラデス同盟

    セラデス同盟

    エルゲラ同盟
    (jumpinさん作 ファーポコ様)
    エルゲラ同盟

    スペクタクル狂
    (mayuさん作 ドラゴン龍様)
    スペクタクル狂

    ソラーリ応援印
    ※ご自由にお持ち帰り下さい(ソラさん応援している方はぺたりと貼ってくださいな)
    ソラーリ応援印

    メール派の方はこちらまで。
    neo202122■yahoo.co.jp
    (■=@)
    基本的にリンクフリー。
    コメントで報告下さいませ。

    ※当ブログに関連性のないコメントやTBは容赦なく削除しております。


ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

プレッシャーの重たさ

ラ・レアル戦、アノエタでの試合は試合終了間際に決まった2ゴールで何とかエンパテに。
しかし試合内容は気ばかりが焦り、勝利へと向かう気持ちがあったのはいいけれど
やはり本調子とは言い難いマドリーの姿を見てしまった感が否めませんでした。
asにてリアルタイムで試合経過を追っていたのですが
ブラボのゴールは監督から「CBを離れるんじゃないよ」と言われたのに我慢できず
セットプレーのときについついうっかり上がっていってゴールゲット。
ここからまたカンテラーノの大切さに気付き、しっかりと若手を見てもらえたらいいですよね。
ジダンのゴールはあっぱれでした。やっぱり、ボレーの達人です。

ここで取り上げたいのが、セルヒオ・ラモスのプレーについてだったりします。
前にもちょこっと書きましたが、やはり今の彼は持ち味が存分に生かされておらず
広いピッチの上でとても窮屈そうに、その体は頼りなさげにすら見えるときがあります。
それは今のチームの状態ももちろん影響しているでしょうが
ここのところは新境地開拓と称してピボーテに入っていることが多いのも
原因ではないかと私は思っているわけでして。
そこそこ出来る、努められると言っても、彼は本職が1番似合う選手だと思うのですよ。
本来のポジションではなくても試合に出る頻度が高いというのは
恐らく移籍マーケットの目玉の一つであったことも理由に入るのかと思います。
ピボーテの位置ではこれぞピボーテ、という兄貴と組むことが多いけれど
2人とも守備的な選手である上に、展開力という点では縦のパスを出せる回数も少なめなので
やはりどちらかがそれを出来る、担える選手であった方が良さそうです。
そこをいくと今のマドリーでゲームを作れて守備も出来ますよというのは
昨季ピボーテに入ったことも少なくなかったグティが頭に浮かんできます。
(バティスタもピボーテが出来ますが、彼には攻撃的な位置にいてほしいもので…。)
グティの場合、ファンタジー溢れるパスが出せるのに加えて守備の能力が開花したとも
昨季は言われていましたよね。最近の試合でも彼のパスに頼る面は小さくないでしょう。
本当ならグティも一つ前にいたほうが怖いですけどねえ…。
トミーが帰って来たら、もう一回兄貴とのドブレを試してほしいもんです。
でもね、デンマーク代表監督さんはトミーはもっと前で出来るよとアドバイスをされております。
モルテン・オルセン、グラベセンの待遇を批判 (livedoor MARCA)
すっかりトミーファンとなった私はちょっと見てみたいけど、これもまた監督は
人からアドバイスを貰ってそれを受け入れるのは好きじゃ無さそうだし
今のメンバーでは攻撃の枚数があるので試される確立は低いでしょうね。

セルヒオ・ラモスから随分と話が脱線しましたが何を言いたいかといえば
ピボーテから下げて暫く守備に専念(それか一休み)させてあげたらどうかということです。
マドリーに来てからはCBが本職でピボーテが服飾のようになっているけど
本当は右SBの選手ですしね。でも右SBはマドリディスタに愛されているサルガド兄さんに
おそらくマドリディスタのハートを掴んでいるだろう影の仕事人・ディオゴがいるので
それも難しいかもしれませんね。ロビーニョも一休みした方がいいと思うなあ…。
ただ、ロハを貰って退場となり離れたところから泣きそうな顔でピッチを見詰めていた
ラモスくんの姿は印象的であり、彼ばかりの責任ではないので悲しくなりました。
セビージャのときにドリブルで相手DFを抜き、果敢にもサイドからクロスを上げたり
将来性を大いに感じさせてくれていた姿を思い出しましたよ。

ところで。ここからは余談ですが。
ヒッツフェルトが「ロベカルは年だし、サルガドは走行距離10万キロを越えた車のようなもの。ラウールはもう燃え尽きてしまっているし、ジダンは遅い。ロナウドはあと5キロ落とさなきゃいけない。」
とか何とか言ったらしいですな。きーっ、悔しい!しかもロナウドはそんなことを聞いてないのか
「バラちゃんさーマドリーで一緒に伝説になろうぜえ」とか誘ってる始末…。
そんなこという暇があったらロベカルを元気付けて下さい。ホームシックみたいだから…。
それと「ドイツはレベル低い」とか余計なことも言うんじゃないよ。とても失礼です。
ミランでは開幕当初、元気のなかったガットゥーゾをルイ・コスタが親身になって
元気付けてくれたそうですよ。ミランにガッツさんはなくてはならない人です。
2005.11.29[Tue] Post 01:24  CO:6  TB:0  Real Madird  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。